Cry j1

 

キットの特徴

● 短時間(全反応時間:2時間20分)で測定可能。
● 微量な試料で測定可能。
● 環境に優しい防腐剤を使用。
● 全ての試薬が溶液タイプで即座に使用可能。
● 高い再現性。

 

キットの構成

 

構 成 品 状 態 容 量
(A) 抗体固相化 96 ウエルプレート(乾燥プレートタイプ) 洗浄後使用 96 wells(8×12)/1 枚
(B) Cry j1標準溶液(100 ng/mL) 希釈後使用 200 μ L/1 本
(C) 緩衝液(青色) そのまま使用 60 mL/1 本
(D) HRP標識抗Cry j1抗体 希釈後使用 200 μ L/1 本
(F) 発色液(TMB) そのまま使用 12 mL/1 本
(G)抽出用緩衝液 そのまま使用   100 mL/1 本
(H) 反応停止液(1M H2SO4)※取扱注意 そのまま使用 12 mL/1 本
( I ) 濃縮洗浄液(10×) 希釈後使用 100 mL/1 本
プレートシール   3 枚
取扱説明書   1 部

 

 

交差性

Plate固相化抗体

対象物質 反応性及び交差率(%)
スギ花粉 Cry j1 100
スギ花粉 Cry j2

 

検出抗体

対象物質 反応性及び交差率(%)
スギ花粉 Cry j1 100
スギ花粉 Cry j2

 ※交差率は、1,000 ng/mL濃度時

 ―:交差反応性なし

アレルゲン収集用フィルター等を使用し収集した粉塵かキット付属の抽出用緩衝液で抽出したもの。

100 μ L/well(抽出後の検体)

0.156~10 ng/mL(検量線範囲)

精度試験(アッセイ内変動)

検体 A B
1 0.568 4.78
2 0.544 4.74
3 0.532 4.80
4 0.552 4.55
5 0.534 4.66
mean 0.546 4.71
SD 0.015 0.10
CV(%) 2.69 2.20

単位:ng/mL

再現性試験(アッセイ間変動)

測定日/検体 C D E
0日目 5.00 1.27 0.316
1日目 5.00 1.28 0.307
2日目 5.17 1.28 0.320
3日目 4.92 1.26 0.315
mean 5.02 1.27 0.315
SD 0.11 0.010 0.0054
CV(%) 2.10 0.752 1.73

単位:ng/mL, n=2

添加回収試験

検体H

添加量 実測値 回収量 回収率(%)
0.000 0.560
0.168 0.725 0.165 98.2
0.294 0.852 0.292 99.3
0.500 1.05 0.490 98.0

単位:ng/mL, n=2

検体I

添加量 実測値 回収量 回収率(%)
0 3.16
1.56 4.82 1.66 106
3.13 6.39 3.23 103
4.69 7.68 4.52 96.4

単位:ng/mL, n=2

希釈直線性試験

2血清検体を連続的に希釈用緩衝液で3段階希釈し測定した結果、

直線回帰のR2は0.9983から0.9995でした。

 

環境アレルゲン測定試薬

スギ花粉抗原測定用ELISAキット

Cry j (ELISA)

シバヤギコード
和光コード
品名 検量線範囲 検体量 希望納入価格
(消費税別)
AKCJ1-010
637-14281
TAC Cry j1 ELISA KIT 0.156~10 ng/mL 100 μL 58,000円

 

ダニ抗原測定用ELISAキット

Der f (ELISA)

シバヤギコード
和光コード
品名 検量線範囲 検体量 希望納入価格
(消費税別)
AKDF2-020
634-14291
TAC Der fⅡ ELISA KIT 0.78~50 ng/mL 100 μL 55,000円

 

 

ダニ抗体/抗原

精製抗原

シバヤギコード
和光コード
品名 容量 製品形状 希望納入価格
(消費税別)
AGDF2-010
631-20311
精製ダニ抗原 Der fⅡ 50μg/本 凍結乾燥 25,000円

 

抗体

シバヤギコード
和光コード
品名 容量 製品形状 希望納入価格
(消費税別)
ABDF2-011
637-20271
抗Der fⅡモノクローナル抗体(15E11) 100μg/本 凍結乾燥 25,000円
ABDF2-012
634-20281
抗Der fⅡモノクローナル抗体(13A4) 100μg/本 凍結乾燥 25,000円