IL-12は、分子量35,000(p35)と40,000(p40)の二つのサブユニットからなるヘテロ二量体のサイトカインで、ナチュラルキラー細胞刺激因子(NKSF)や細胞傷害性リンパ球成熟因子(CLMF)として知られています。IL-12の各サブユニットは単独では活性を示さず、p35とp40がジスルフィド結合で結ばれたIL-12p70が主として機能 します。IL-12は主にマクロファージおよびB細胞から産生され、IFN-γの産生を誘導し、細胞性免疫に関与する1型ヘルパーT細胞(Th1)の分化を誘導することにより、自己免疫疾患、微生物やウィルスの感染、がんなどに対する免疫反応の開始において重要な役割を担っています。

 

 

キットの特徴

● 短時間(全反応時間:4時間50分)で測定可能。
● 環境に優しい防腐剤を使用。
● 高い測定精度と再現性。
● 有効期限は製造日より12ヶ月。
● 標準品は大腸菌リコンビナントで、カルタヘナ法非該当

 

キットの構成

 

構 成 品 状 態 容 量
(A) 抗体固相化 96 ウエルプレート 洗浄後使用 96 wells(8×12)/1 枚
(B) マウスIL-12標準品(凍結乾燥品) 希釈後使用 1 本
(C) 緩衝液 そのまま使用 60 mL/1 本
(D) ビオチン結合抗IL-12抗体(凍結乾燥品) 希釈後使用 1 本
(E) ペルオキシダーゼ・アビジン結合物 希釈後使用 100 μ L/1 本
(F) 発色液(TMB) そのまま使用 12 mL/1 本
(H) 反応停止液(1M H2SO4)※取扱注意 そのまま使用 12 mL/1 本
( I ) 濃縮洗浄液(10×) 希釈後使用 100 mL/1 本
プレートシール   4 枚
取扱説明書   1 部

 

マウスの血清・血漿

100 μL/well

2.87~700 pg/mL(検量線範囲)

精度試験(アッセイ内変動)

検体 Sample 1 Sample 2
1 99.0 237
2 94.0 218
3 91.8 214
4 95.8 221
5 96.0 229
mean 95.3 224
SD 2.7 9.0
CV(%) 2.8 4.0

単位:pg/mL

再現性試験(アッセイ間変動)

測定日/検体 Sample 1 Sample 2 Sample 3
0日目 54.4 164 242
1日目 61.4 173 257
2日目 55.6 169 258
3日目 63.4 178 254
mean 58.7 171 253
SD 4.4 5.6 7.2
CV(%) 7.5 3.3 2.9

単位:pg/mL, n=3

添加回収試験

検体(血清-1)

添加量 実測値 回収量 回収率(%)
0 38.2
50.0 82.7 44.5 89.0
150 192 154 103
350 404 366 105

単位:pg/mL, n=2

検体(血清-2)

添加量 実測値 回収量 回収率(%)
0 10.7
20.0 31.9 21.2 106
60.0 71.7 61.0 102
140 148 137 97.9

単位:pg/mL, n=2

検体(血漿-1)

添加量 実測値 回収量 回収率(%)
0 41.6
50.0 88.4 46.8 93.5
150 202 160 107
350 417 375 107

単位:pg/mL n=2

検体(血漿-2)

添加量 実測値 回収量 回収率(%)
0 12.4
20.0 32.7 20.3 102
60.0 69.0 56.6 94.4
140 151 139 99.3

単位:pg/mL, n=2

希釈直線性試験

血清2検体、血漿1検体を連続的に希釈用緩衝液で3段階希釈し測定した結果、

直線回帰のR2は0.99以上でした。

非臨床研究用測定試薬

免疫・アレルギー研究分野

Interleukin

シバヤギコード
和光コード
品名 検量線範囲 検体量
(希釈検体)
希望納入価格
(消費税別)
AKMIL12-011
638-40841
レビス Mouse IL-12 ELISA Kit 2.87~700 pg/mL 100 μL 58,000円

 

■製品に関するお問い合わせはsyc-info@shibayagi.co.jpまで