リウマチ因子は慢性関節リウマチ患者血清の70~80%に認められるIgGのFc部分に対する自己抗体で、病態と密接に関連していると考えられています。ヒトと同様な自己免疫疾患を自然発症する実験動物や人工的に炎症を発症させた実験動物を使用して自己免疫疾患の機序解明と新薬の研究が今日進められております。自然発症する代表的なマウスの系統としてはMRL/lprマウスが多くの実験に使用されています。MRL/lprマウスはリンパ節腫瘍と共に腎炎、血管炎、関節炎をかなり高率に発症するので、ヒト慢性関節リウマチ(RA)のモデルを含むヒトの自己免疫疾患の発生機序を解明する有効なモデルとなっています。MRL/lprマウスの血清中に検出される自己抗体には、IgG型リウマチ因子(RF)、IgM型リウマチ因子(RF)、抗ssDNA抗体、抗dsDNA抗体、抗Sm抗体等があります。

 本キットはこれら疾患動物血清中のIgG型リウマチ因子の抗体価を標準抗体価検量線を用い、ユニット換算させることにより測定間での数値的な比較を可能にしました。

キットの特徴

● 短時間(全反応時間:4時間20分)で測定可能。
● 微量な試料で測定可能。
● 環境に優しい防腐剤を使用。
● 全ての試薬が溶液タイプで即座に使用可能。
● 高い再現性。

 

キットの構成

 

構 成 品 状 態 容 量
(A) 抗原固相化 96 ウエルプレート 洗浄後使用 96 wells(8×12)/1 枚
(B) 標準溶液(5,000 mU/mL)※ 希釈後使用 200 μL/1 本
(C) 緩衝液 そのまま使用 60 mL/1 本
(D) 標識抗体(ペルオキシダーゼ結合抗体) 希釈後使用 20 μL/1 本
(E) 発色液(TMB) そのまま使用 12 mL/1 本
(F) 反応停止液(1M H2SO4)※取扱注意 そのまま使用 12 mL/1 本
(G) 濃縮洗浄液(10×) 希釈後使用 100 mL/1 本
プレートシール   3 枚
取扱説明書   1 部

 ※ロットにより若干、値が異なります。

 

 交差性

マウスIgGとの交差性は検出感度以下

マウスの血清・血漿

※検体は付属の緩衝液を用いて測定範囲に入るように希釈してください。

15.6~1,000 mU/mL(検量線範囲)

精度試験(アッセイ内変動)

平均C.V.値は8.1%(n=30)

再現性試験(アッセイ間変動)

平均C.V.値は7.6%(n=30、3日間)

 

非臨床研究用測定試薬

免疫・アレルギー研究分野

抗核酸抗体

コードNo. 品名 検量線範囲 検体量
(希釈検体)
希望納入価格
(消費税別)
AKRDD-061
637-02691
レビス 抗dsDNA-マウス ELISA KIT 15.6~1,000 mU/mL 100 μL 56,000円
AKRSD-051
630-02701
レビス 抗ssDNA-マウス ELISA KIT 15.6~1,000 mU/mL 100 μL 56,000円

 

リウマチ因子

コードNo. 品名 検量線範囲 検体量(希釈検体) 希望納入価格
(消費税別)
AKRRG-101
633-02671
レビス リウマチ因子IgG型-マウス ELISA KIT

15.6~1,000 mU/mL

100 μL

56,000円
AKRRG-111
630-02681
レビス リウマチ因子IgM型-マウス ELISA KIT

15.6~1,000 mU/mL

100 μL

56,000円

 


 

■製品に関するお問い合わせはsyc-info@shibayagi.co.jpまで