アルブミンは細胞や体液中に含まれ、水溶性の高い主として単純タンパク質ですが、糖を含むものも見出されています。血清アルブミンは血漿タンパク質中の56-60 %を占める分子量約69 000、等電点4.9の単純タンパク質で、肝細胞で合成されます。
血清アルブミンは血清タンパクの大半以上を占め、浸透圧維持に重要な役割を果たし、水に難溶性の物質、例えば生理的には脂肪酸、ビリルビン、チロキシンなどと結合してこれらの運搬作用に寄与しています。血清アルブミンの濃度は、肝硬変などでのアルブミンの生合成低下、栄養不良や熱性疾患での体タンパク質損耗に基づく血液中のアルブミンの消費、腎障害による尿への漏出等で低下します。
健常人での尿中への血清アルブミンの排泄は通常ごく僅かで1日30 mg以下ですが、腎疾患に際して尿中への漏出が増大するので糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症等の腎疾患で尿中アルブミンレベルは増大します。また発熱、高血圧、うっ血性心不全、尿路感染症などの場合に尿中アルブミンレベルが増加することがあります。健常人でも過激な運動や筋肉労働後、熱い湯での入浴後、精神的興奮、ストレス、多量のタンパク質の摂取後および月経前などに尿中アルブミンの一過性増加がみられ、生理的または機能的タンパク尿或いは運動性蛋白尿と言われます。また主に若年者において、しばしば起立時にのみタンパク尿がみられることがあります。
ヒトで低アルブミン血症と呼ばれるまれな先天性疾患があり、無アルブミン血症とも呼ばれますが正確にはごく少量のアルブミンがあり、臨床症状は軽度の浮腫と中等度の低血圧であり、肝機能異常やタンパク尿は認められないようです。動物ではラットに無アルブミン血症analbuminemiaのモデルがあります。佐々木研究所の長瀬スミ先生がSprague-Dawley rat (SD ラット)から開発されたもので、NAR (Nagase analbuminemia rat)と呼ばれています。
血清アルブミンの測定は、マクロ的にはTIAの測定系がよろしく、弊社でもラット、マウスについての自動測定器用TIAを提供しておりますが、ELISAによる測定系では高感度で微量測定が可能です。弊社のレビスアルブミンELISAキットは血液中、尿中のアルブミンを疾患との関連で定量する他に、インビトロのアルブミン生合成実験系、培養系で作製された生理活性物質を精製した場合のFCS等のcontaminationの検討、NARでの肝細胞、肝組織移植後の、アルブミン産生をメルクマールとする成否の検討、などにも応用が可能です。

 

キットの特徴

● 短時間(全反応時間:2時間20分)で測定可能。
● 微量な検体(標準操作法は5 μL)で測定可能。
● 環境に優しい防腐剤を使用。
● 全ての試薬が溶液タイプで即座に使用可能。
● 高い測定精度と再現性。

 

キットの構成

 

構 成 品 状 態 容 量
(A) 抗体固相化 96 ウエルプレート 洗浄後使用 96 wells(8×12)/1 枚
(B) アルブミン標準溶液(ラット)(10 μg/mL) 希釈後使用 150 μ L/1 本
(C) 緩衝液 そのまま使用 60 mL/1 本
(D) ペルオキシダーゼ標識抗体 希釈後使用 100 μ L/1 本
(F) 発色液(TMB) そのまま使用 12 mL/1 本
(H) 反応停止液(1M H2SO4)※取扱注意 そのまま使用 12 mL/1 本
( I ) 濃縮洗浄液(10×) 希釈後使用 100 mL/1 本
プレートシール   3 枚
取扱説明書   1 部

 

 

交差性

交差性

動物種 対象物質 反応性及び交差率(%)
Mouse Albumin

5%未満

(50 ng/mL未満)

Human Albumin 検出感度以下
Porcine Albumin 検出感度以下
Bovine Albumin 検出感度以下
10 % FCS 検出感度以下

※交差率は、10 000 ng/mL濃度時(FCSは除く)

ラットの血清・血漿または尿
5 μ L/well(希釈検体)
※血漿採血はヘパリン採血を推奨します
※検体は付属の緩衝液を用いて測定範囲に入るように希釈してください
※正常検体の希釈目安は血清または血漿検体が1万~5万倍
 尿検体が100倍です

50~1000 ng/mL(検量線範囲)

 

精度試験(アッセイ内変動)

検体 A B C
1 31.8 515 2911
2 32.8 521 2957
3 31.6 520 2812
4 32.0 509 2844
5 32.2 508 3052
mean 32.1 515 2915
SD 0.461 6.22 94.9
CV(%) 1.44 1.21 3.25

単位:ng/mL

再現性試験(アッセイ間変動)

測定日/検体 D E F
0日目 32.1 482 2942
1日目 33.4 474 2915
2日目 33.8 490 3010
mean 33.1 482 2956
SD 0.895 7.70 49.1
CV(%) 2.71 1.60 1.66

単位:ng/mL n=3

添加回収試験

検体G

検体 添加量 実測値 回収量 回収率(%)
1-1 0 194
1-2 175 358 164 93.7
1-3 350 539 345 98.6
1-4 620 807 613 98.9
1-5 740 900 706 95.4

単位:ng/mL n=3

 

希釈直線性試験

2血清検体を連続的に希釈用緩衝液で3段階希釈し測定した結果、

直線回帰のR2は0.9951から0.9984でした。

 

非臨床研究用測定試薬

アルブミン(ELISA)

シバヤギコード
和光コード
品名 検量線範囲 検体量 希望納入価格
(消費税別)
AKRAL-121
634-04301
レビス アルブミン-マウス 50~1000 ng/mL 5 μL~ 55,000円
AKRAL-221
638-31931
レビス アルブミン-マウス(2プレートタイプ) 50~1000 ng/mL 5 μL~ 90,000円
AKRAL-120
631-04311
レビス アルブミン-ラット 50~1000 ng/mL 5 μL~ 55,000円
AKRAL-220
631-31921
レビス アルブミン-ラット(2プレートタイプ) 50~1000 ng/mL 5 μL~ 90,000円

 

■製品に関するお問い合わせはsyc-info@shibayagi.co.jpまで