インスリンは膵臓のランゲルハンス島(膵島)のβ細胞から分泌されるホルモンで、分子量は約 5800、等 電点 5.4 付近の蛋白質です。
A6-A11、A7-B7、A20-B-19 で S-S 結合を形成し、酸性或いは Zn の存在しない中性水溶液では 2 量体 を形成しますが、中性で Zn 存在下では Zn2 個を含む 6 量体を形成します。 肝、筋肉、脂肪組織が主要な標的組織ですが、それぞれに次のような作用を示します。
肝 : グリコーゲン合成促進、蛋白合成促進、脂肪酸合成促進、糖利用の促進、糖新生抑制。
筋肉 : 糖、アミノ酸、K の細胞膜透過性増大、グリコーゲン合成促進、蛋白合成促進、蛋白分解抑制。
脂肪組織 : グルコースの細胞膜透過性増大、脂肪酸合成促進。
インスリンは細胞内で1本鎖のプロインスリンの形で合成された後、S-S 結合が形成され、酵素分解による 活性化がおこって C-ペプチドとインスリンが分離します。

 

 

キットの特徴

● 短時間(全反応時間:3時間)で測定可能。
● 微量な検体(標準操作法は 10 μL)で測定可能。
● 環境に優しい防腐剤を使用。
● 全ての試薬が溶液タイプで即座に使用可能。
● 高い測定精度と再現性。
● 簡便な操作で特別な前処理は不要。
● 有効期限は製造日より12ヶ月。

 

キットの構成

 

構 成 品 状 態 容 量
(A) 抗体固相化 96 ウエルプレート 洗浄後使用 96 wells(8×12)/1 枚
(B) 標準インスリン溶液(マウス)(200 ng/mL) 希釈後使用 25 μ L/1 本
(C) 緩衝液 そのまま使用 60 mL/1 本
(D) ビオチン結合抗 インスリン抗体 希釈後使用 10 μ L/1 本
(E) ペルオキシダーゼ・アビジン結合物 希釈後使用 20 μ L/1 本
(F) 発色液(TMB) そのまま使用 12 mL/1 本
(H) 反応停止液(1M H2SO4)※取扱注意 そのまま使用 12 mL/1 本
( I ) 濃縮洗浄液(10×) 希釈後使用 100 mL/1 本
プレートシール   3 枚
取扱説明書   1 部

 

 

交差性

交差性はこちら

マウス検体インスリン測定結果

レビス インスリン-マウス(Tタイプ)使用

系統 mean SD N 備考
 BALB/c, 8W, オス 1.59 0.622 8  血清,不断給餌,2重測定
 ICR, 7W, オス 2.69 1.03 6  血清,不断給餌,2重測定
 ICR, 7W, メス 2.22 0.96 6  血清,不断給餌,2重測定
 KKAy/Ta, 8W, オス 3.83 2.11 9  血清,不断給餌,2重測定
 C57BL/6J, 8W, オス 1.33 1.06 12  血漿,不断給餌,2重測定

単位: ng/mL

マウスの血清・血漿・培養液

10 μ L/well(標準操作法)

※血漿採血はヘパリン採血を推奨します

0.156~10 ng/mL(検量線範囲)

精度試験(アッセイ内変動)

検体 A B C D
mean 0.882 1.15 3.67 5.25
SD 0.0245 0.0213 0.0649 0.0792
CV(%) 2.78 1.87 1.77 1.51

単位:ng/mL n=10

再現性試験(アッセイ間変動)

測定日/検体 E F G
0日目 5.253 1.224 0.513
1日目 5.322 1.312 0.523
2日目 5.365 1.269 0.512
3日目 5.362 1.281 0.535
mean 5.326 1.272 0.521
SD 0.0520 0.0366 0.0109
CV(%) 3.31 3.76 4.65

単位:ng/mL n=3

添加回収試験

検体H

添加量 実測値 回収量 回収率(%)
0 1.350
0.25 1.593 0.243 97.2
0.50 1.841 0.491 98.2
0.75 2.065 0.715 95.3
1.00 2.299 0.949 94.9

単位:ng/mL n=3

検体I

添加量 実測値 回収量 回収率(%)
0 1.941
0.50 2.496 0.505 101
0.75 2.728 0.737 98.3
1.00 2.955 0.964 96.4
1.50 3.431 1.440 96.0

単位:ng/mL n=3

希釈直線性試験

3血清検体を連続的に希釈用緩衝液で3段階希釈し測定した結果、

直線回帰のR2は0.993から0.999でした。

非臨床研究用測定試薬

糖尿病・肥満研究分野

インスリン

シバヤギコード
和光コード
品名 検量線範囲 検体量
(希釈検体)
希望納入価格
(消費税別)
AKRIN-011T
634-01481
レビス インスリン-マウス(Tタイプ)
標準的な測定範囲のタイプです.
0.156~10 ng/mL 10 μL 48,000円
AKRIN-011RU
639-23911
レビス インスリン-マウス(RTU)
Ready to useタイプ.6濃度の標準品,標識抗体,アビジン溶液が希釈済みです.作業時間を短縮できます.
100~12 000 pg/mL 10 μL 55,000円
AKRIN-011H
630-10371
レビス インスリン-マウス(Hタイプ)
高濃度検体測定に向いています.検体の希釈の手間が省けます.
0.5~100 ng/mL 10 μL 48,000円
AKRIN-031
633-03411
レビス インスリン-マウス(Uタイプ)
高感度タイプです.絶食時等,低濃度検体の測定にご利用ください.
39~2500 pg/mL 5 μL 62,000円
AKRIN-011S
636-07281
レビス インスリン-マウス(Sタイプ)
共存するプロインスリンとの交差性を抑え,インスリンを特異的に測定できます.
78~5000 pg/mL 5 μL 62,000円
AKRIN-010T
637-01471
レビス インスリン-ラット(Tタイプ)
標準的な測定範囲のタイプです.
0.156~10 ng/mL 10 μL 45,000円
AKRIN-010RU
636-24141
レビス インスリン-ラット(RTU)

Ready to useタイプ.6濃度の標準品,標識抗体,アビジン溶液が希釈済みです.作業時間を短縮できます.

100~12 000 pg/mL 10 μL 52,000円
AKRIN-010H
633-10621
レビス インスリン-ラット(Hタイプ)
高濃度検体測定に向いています.検体の希釈の手間が省けます.
0.5~100 ng/mL 10 μL 45,000円
AKRIN-130
636-05581
レビス インスリン-ラット(U-Eタイプ)
高感度タイプです.絶食時等,低濃度検体の測定にご利用ください.
39~2500 pg/mL 10 μL 62,000円
AKRIN-010S
637-07191
レビス インスリン-ラット(Sタイプ)
共存するプロインスリンとの交差性を抑え,インスリンを特異的に測定できます.
0.1~10 ng/mL 10 μL 62,000円
AKRIN-012T
633-01451
レビス インスリンキット(イヌ用)
標準的な測定範囲のタイプです.
0.188~12 ng/mL 10 μL 51,000円
AKRIN-014T
634-02221
レビス インスリンキット(サル用T)
標準的な測定範囲のタイプです.
0.156~10 ng/mL 10 μL 51,000円
AKRIN-013T
630-01461
レビス インスリンキット(ブタ用)
標準的な測定範囲のタイプです.
0.188~12 ng/mL 10 μL 51,000円
ASIN-003
637-07113
ウサギインスリン標準溶液
別売りのレビス インスリン-ラット(Tタイプ)が必要です.
    25,000円
ASIN-018
635-13523
ウシインスリン標準溶液
別売りのレビス インスリン-ラット(Tタイプ)が必要です.
    25,000円
ASIN-001
630-07103
ハムスターインスリン標準溶液
別売りのレビス インスリン-ラット(Tタイプ)が必要です.
    25,000円

 

■製品に関するお問い合わせはwksb-info@fujifilm.comまで