LHは下垂体前葉(腺下垂体)の好塩基性性腺刺激ホルモン産生細胞(ゴナドトローフ)でFSHと共に産生、貯蔵され、視床下部ホルモンLHRHの刺激で分泌されます。精巣にもLH様の物質が存在するという報告があります。動物種における分布は魚類-哺乳類の全脊椎動物に及びます。ラット下垂体でのLHの含量は、雄では6~7μg/gland、雌では3~4μg/gland(NIH-LH1 S1 換算)とオスのほうが多く、雌では性周期に伴い変動します。
LHは分子量:約 29,000 の糖蛋白質で、TSH、FSHと共通のα-サブユニットと、LH特有のβ-サブユニットからなるヘテロダイマーです。
LHの標的器官は、雌では卵胞の成熟顆粒膜細胞で、FSHと協力して卵胞の成熟とエストロゲン産生、排卵を誘発し、排卵後黄体化した後はプロゲステロン産生分泌を促進します。雄では精巣の間質細胞(Leydig 細胞)でアンドロゲン産生分泌促進、アンドロゲンを介し2次的に精子形成促進に関与します。受容体は膜7回貫通-G蛋白共役型PKA系です。
従ってLHが不足すると性ステロイド分泌低下、間質細胞萎縮、排卵黄体化停止などが起こり、過剰状態では精巣間質細胞肥大とそれに続く萎縮、エストロゲン、アンドロゲンの分泌増大、早発過排、性成熟促進等が起こります。
LHの分泌はGnRH (LHRH)によって直接的に促進され、生理状態としては血中性ステロイドの低下(間接、直接)、性周期による変動(特に排卵前期)、更年期-閉経後に分泌は増大します。
男性でも加齢によって増加します。発情前期に大量に分泌されるエストロゲンは、ポジティブフィードバックによりLHRHを介してLHの一過性大量分泌(LHサージ)を引き起こし、排卵を誘起します。
LHの分泌は血中性ステロイドの増加(間接、直接)、オピオイドペプチド特にβ-エンドルフィン、幼小児期、妊娠時、産褥期などで抑制されます。

キットの特徴

● 短時間(全反応時間:3時間50分)で測定可能。
● 微量な検体(標準操作法は 10 μL)で測定可能。
● 環境に優しい防腐剤を使用。
● 全ての試薬が溶液タイプで即座に使用可能。
● 高い測定精度と再現性。

 

キットの構成

 

 

構 成 品 状 態 容 量
(A) 抗体固相化 96 ウエルプレート 洗浄後使用 96 wells(8×12)/1 枚
(B) 標準溶液(100 ng/mL) 希釈後使用 200 μL/1 本
(C) 測定用緩衝液 そのまま使用 60 mL/1 本
(D) ビオチン結合抗LH抗体 希釈後使用 100 μL/1 本
(E) ペルオキシダーゼ・アビジン結合物 希釈後使用 100 μL/1 本
(F) 発色液(TMB) そのまま使用 12 mL/1 本
(G) 検体希釈用緩衝液 そのまま使用 12 mL/1 本
(H) 反応停止液(1M H2SO4)※取扱注意 そのまま使用 12 mL/1 本
( I ) 濃縮洗浄液(10×) 希釈後使用 100 mL/1 本
プレートシール   4 枚
取扱説明書   1 部

 

ラット血清・血漿

10 μ L/well(標準操作法)

※検体は(G)検体希釈用緩衝液で2倍に希釈し、撹拌後室温で10分間静置、(C)測定用緩衝液でさらに2.5倍希釈した希釈液を測定に使用します(最終希釈倍率5倍)。 
 最終希釈倍率の限界は2.5倍になります。ただし、ウエルの総量は緩衝液で調整し50μ Lとしてください。
※抗凝固剤はEDTA-2Na、1 mg/mL(最終濃度)をお薦めします。ヘパリンNa血漿の使用はできません。

0.313~10 ng/mL(検量線範囲)
1.565~50 ng/mL(検体量10 μLの時)

精度試験(アッセイ内変動)

検体 A B
1 8.74 1.15
2 8.78 1.03
3 8.79 1.07
4 8.68 1.06
5 8.03 1.03
6 8.27 1.13
7 7.94 1.07
8 7.97 1.05
mean 8.40 1.07
SD 0.39 0.04
CV(%) 4.6 3.9

単位:ng/mL, n=8

再現性試験(アッセイ間変動)

測定日/検体 E F G
0日目 5.01 1.25 0.328
1日目 5.01 1.24 0.329
2日目 5.00 1.27 0.347
3日目 5.00 1.28 0.337
mean 5.00 1.26 0.335
SD 0.0019 0.016 0.0088
CV(%) 0.038 1.3 2.6

単位:ng/mL, n=4

添加回収試験

検体C

添加量 実測値 回収量 回収率(%)
0.00 1.29
0.584 1.89 0.601 103
1.17 2.48 1.19 102
1.75 3.01 1.73 98.5

単位:ng/mL, n=2

検体D

添加量 実測値 回収量 回収率(%)
0.00 2.23
1.36 3.59 1.35 100
3.39 5.60 3.36 99.2
4.07 6.21 3.97 97.7

単位:pg/mL, n=2

希釈直線性試験

2血清検体を連続的に希釈用緩衝液で3段階希釈し測定した結果、直線回帰のR2は0.999でした。

 

下垂体内分泌

 

シバヤギコード
和光コード
品名 検量線範囲 検体量 希望納入価格
(消費税別)
AKRGH-010
635-13741
レビス GH-ラット 0.0313~2 ng/mL 5~25 μL 60,000円
AKRLH-010S
636-23921
レビス LH-ラット(Sタイプ) 0.313~10 ng/mL 10~20 μL 60,000円

AKRTS-010S2
639-31721

レビス TSH-ラット(SⅡタイプ) 0.184~18.0 ng/mL ~20 μL 60,000円