溶液中では一定の比率でα-D-グルコースとβ-D-グルコースとが存在しています。本品はα-D-グルコースをβ型に転移させるムタロターゼと、β-D-グルコースのみに作用するグルコースオキシダーゼを組み合わせた酵素法試薬です。マイクロプレート法によりマウス血清中のグルコースの測定に用いることができます。用手法での測定も可能であり、また、ヒト血清中のグルコース定量も行うこともできますが、体外診断用に用いることはできません。このキットは研究用のみにご使用ください。

 

キットの構成

構 成 品   容 量
(1) 緩衝液
  りん酸緩衝液 60 mmol/L, pH7.1
  フェノール 5.3 mmol/L
  150 mL/1 本
(2) 発色剤   105 mL用/1 本






  溶解時  
   ムタロターゼ 0.13 units/mL
   グルコースオキシダーゼ(GOD) 9.0 units/mL
   ペルオキシダーゼ(POD) 0.65 units/mL
   4-アミノアンチピリン 0.50 mmol/L
   アスコルビン酸オキシダーゼ(AOD) 2.7 units/mL
(3) 標準液 Ⅰ(ブドウ糖 200 mg/dL)
 

3 mL/1 本
(4) 標準液 Ⅱ(ブドウ糖 500 mg/dL)   3 mL/1 本 

※マイクロプレート法の場合、測定回数は500回、用手法の場合、測定回数は50回

測定原理

検体に発色試薬を作用させると検体中のα型グルコースはムタロターゼの作用によりβ型へ速やかに変換されます。β-D-グルコースはグルコースオキシダーゼ(GOD)の作用を受けて酸化されると同時に過酸化水素を生成します。生成した過酸化水素は、共存するペルオキシダーゼ(POD)の作用により発色試薬中のフェノールと4-アミノアンチピリンとを定量的に酸化縮合させ、赤色の色素を生成させます。この赤色色素を測定することにより検体中のグルコース濃度を求めます。

全血/血清/血漿検体

・ 採取後の検体は速やかに測定してください。

・ 全血をそのまま放置すると赤血球の解糖作用により血糖値が低下しますので、採血後は速やかに血球を分離してください。

・ アルコルビン酸とピリルビンはわずかに負誤差を与えます。

・ 溶血はわずかに正誤差を与えます。

・ 抗凝固剤のヘパリン、くえん酸塩、しゅう酸塩、EDTA 及び解糖防止剤のふっ化ナトリウムは、通常使用量では測定値に影響を与えません。

・ 採血後すぐに測定するか、長期に保存する場合は-35 ℃以下で凍結保存してください。

測定範囲:50~500 mg/dL
再現性:C.V.<12 %

 

精度試験(アッセイ内変動)

ヒト血清検体 1 2
1 320 171
2 334 164
3 326 167
4 329 167
5 328 162
6
338 171
mean 329 167
SD 6.3 3.5
CV(%) 1.9 2.1

 

マウス血清検体 1 2
1 372 108
2 353 104
3 379 109
4 369 110
5 359 105
6
351 107
mean 364 107
SD 11 2.3
CV(%) 3.1 2.1

 

ラット血清検体 1 2
1 424 117
2 422 115
3 415 119
4 406 112
5 413 111
6
415 114
mean 416 115
SD 6.4 2.9
CV(%) 1.5 2.6

単位:mg/dL

再現性試験(アッセイ間変動)

ヒト血清検体

測定日/検体 3 4 5
0日目 361 172 88.3
1日目 385 181 90.4
2日目 364 178 89.0
3日目 389 183 92.4
mean 375 179 90.0
CV(%) 3.8 2.8 2.0

 

マウス血清検体

測定日/検体 3 4 5
0日目 364 180 99.1
1日目 376 190 101
2日目 386 189 104
3日目 392 196 106
mean 380 189 103
CV(%) 3.3 3.4 2.8

 

ラット血清検体

測定日/検体 3 4 5
0日目 410 198 99.1
1日目 414 209 101
2日目 419 203 104
3日目 430 212 106
mean 418 206 103
CV(%) 2.1 2.1 2.8

単位:mg/dL

添加回収試験

ヒト血清検体

添加量 測定値 回収量 回収率(%)
104
109 205 101 92.7
163 246 143 87.7
218 308 204 93.6
272 363 259 95.2


マウス血清検体

添加量 測定値 回収量 回収率(%)
98.1
89.2 177 78.9 88.5
134 201 103 76.9
178 251 153 86.0
223 280 182 81.6


ラット血清検体

添加量 測定値 回収量 回収率(%)
96.1
86.1 179 82.5 95.8
129 214 117 90.7
172 258 162 94.2
215 295 199 92.6

単位:mg/dL

 

希釈直線性試験

測定範囲に入るよう付属の緩衝液で調製後、連続的に緩衝液で4段階希釈し測定した結果。
希釈直線性(ヒト血清検体)R2は0.998
希釈直線性(マウス血清検体)R2は0.986と0.998
希釈直線性(ラット血清検体)R2は0.994

検体測定例

ヒト検体

検体 測定値(mean) SD CV(%)
プール血清 104 1.0 0.94
プール血漿(EDTA) 100 0.0 0.0


マウス検体:CD-1(ICR)、血清

検体 測定値(mean) SD CV(%)
No.1 130 3.9 3.0
No.2 147 1.5 1.0
No.3 151 11 7.0
No.4 154 4.9 3.2
No.5 134 2.9 2.1

 

マウス検体:CD-1(ICR)、血漿(ETDA)

検体 測定値(mean) SD CV(%)
No.1 87.3 0.72 0.83
No.2 91.3 4.4 4.8
 No.3 97.7 3.6 3.7
 No.4 103 6.3 6.1
 No.5 107 1.8 1.6


ラット検体:SD、血清

検体 測定値(mean) SD CV(%)
No.1 136 5.4 4.0
No.2 118 5.9 5.0
No.3 140 6.1 4.3
No.4 117 2.5 2.2
No.5 134 3.5 2.6

 

ラット検体:SD、血漿(ETDA)

検体 測定値(mean) SD CV(%)
No.1 108 0.64 0.59
No.2 111 2.6 2.3
 No.3 124 0.65 0.52
 No.4 108 4.4 4.1
 No.5 114 5.9 5.1

単位:mg/dL, n=2

マイクロプレート法

  テスト スタンダード ブランク
発色試薬 300 μL 300 μL 300 μL
試料 検体 2 μL 標準液 2 μL *1
よく混合し、37℃で5分間加温。ブランクを対照として505 nm*2 における検体及び標準液の吸光度を測定する。

*1  水2 μL 添加の有無による吸光度の差は実際上ありませんので水の添加は省略しました。
*2 2波長測定の場合、主波長505 nm /副波長600 nm。

用手法

  テスト スタンダード ブランク
発色試薬 3.0 mL 3.0 mL 3.0 mL
試料 検体 20 μL 標準液 20 μL *1
よく混合し、37 ℃で5分間加温。ブランクを対照として検体及び標準液の吸光度を測定する。比色計:505 nm のフィルター。分光光度計:505 nm*2

注:用手法で測定した場合、50 回用となります。
 *1 水20 μL 添加の有無による吸光度の差は実際上ありませんので水の添加は省略しました。
 *2 2波長測定の場合、主波長505 nm /副波長600 nm

 

pdficonLABGLUC-M1 ラボアッセイ グルコース

 

SDS Japanese  /  English

ご使用者様からの情報をお待ちしております

 

 

酵素法測定試薬 ラボアッセイTM

ALP(用手法)

シバヤギコード
和光コード
品名 検量線範囲 検体量/測定回数 希望納入価格
(消費税別)
LABALP-M1
633-51021
ラボアッセイTM ALP
p-ニトロフェニルりん酸基質法によるアルカリフォスファターゼ活性測定キット
0.0625~0.5 mmol/L 20 μL/ 500回 21,000円

 

Glucose(用手法)

シバヤギコード
和光コード
品名 検量線範囲 検体量/測定回数 希望納入価格
(消費税別)
LABGLUC-M1
638-50971
ラボアッセイTM Glucose
ムタロターゼ・GOD法
50~500 mg/dL 2 μL/ 500回(マイクロプレート法)
20 μL/50回(用手法)
23,000円

 

Triglyceride(用手法)

シバヤギコード
和光コード
品名 検量線範囲 検体量/測定回数 希望納入価格
(消費税別)
LABTRIG-M1
632-50991
ラボアッセイTM Triglyceride
GPO・DAOS法
100~888 mg/dL 2 μL/ 350回(マイクロプレート法)
20 μL/35回(用手法)
23,000円

 

GLDH:Glutamate dehydrogenase (自動分析装置用試薬)

シバヤギコード
和光コード
品名 測定範囲 検体量/測定回数 希望納入価格
(消費税別)
LABGLDH-RA
631-47771
ラボアッセイ GLDH-ラット(Aタイプ) 1~200 U/L(*) 15 μL/ 150回
(日立LAbOSPECT003の場合)
35,000円
LABGLDH-RC
630-48581
ラボアッセイ GLDH-ラット用コントロール 保存温度:-35℃以下
有効期限:6ヶ月
容量:500μL/1本
20本セット
40,000円

*検量線範囲は100 U/Lまです。直線性は200 U/Lまで確認しています。